只今お問合せ窓口が大変混みあっております。お問合せのご返信に数日間頂戴することがございます。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
アスカレンタルサーバーは、2018年10月31日をもちましてサービスを終了いたします。
詳細につきましてはこちらのページをご確認のほどよろしくお願いいたします。

利用規約

第1条【定義】

「本サービス」とは、アスカレンタルサーバーを指し、弊社の用意するサーバー上に契約者のホームページ等を設置できる場所を提供するものをいいます。サービスの内容詳細についてはホームページ上にて公開します。「弊社」は株式会社ロジックリンクを指す。

「利用者」とは「契約者」と同一とし、「契約者」とは、本サービスを利用するために弊社と利用契約を締結し、利用料金を弊社に支払う個人又は法人とします。

「通知」とは利用者、利用申込者に対して弊社が連絡事項をWEB上で告知又は電子メールにて発信する事を指します。電子メールが何らかの事情により不着の場合でも通知は行なわれたものとします。

第2条【適用範囲】

本約款は弊社と契約者に関する一切の関係に適用します。

第3条【約款の変更】

  1. 弊社は、契約者の了承を得ることなく本約款を変更することがあります。なお、この場合には利用料金その他の利用内容及び利用条件は変更後の新約款によるものとします。
  2. 前項の変更を行う場合、弊社は変更後の契約約款の内容を契約者に対して、WEB上で告知又は電子メールで通知するものとします。但し、例外的に弊社は契約者に予告期間なしに、利用料金を改訂することがあります。

第4条【利用契約の締結】

  1. 本サービスの利用申込みは、弊社指定する申し込み方法にて必要事項を記入の上、それを弊社に提出することにより行うものとします。
  2. 利用契約は、弊社からその申込みを承諾する旨の通知が発信された時点で締結されたものとします。
  3. 本サービスの提供は、利用契約が締結され、第10条記載のとおり初回利用料金が支払われたことが確認され、弊社が利用者に対しメール、または郵便により送付する設定報告書が到達した後、同通知書に記載された利用開始日から開始します。

第5条【利用契約の内容】

本サービスにて提供するサービス内容の詳細は、随時WEB上にて公開しているものとしサ-ビス内容の詳細は、弊社が必要と判断した場合、契約者の承諾なしに変更することができるものとします。

第6条【申込みの拒絶】

  1. 弊社は、次の各号に該当する場合には、本サービスの利用申込みを承諾しないことがあります。
    1. 弊社が、申込みに係る本サービスの提供又は本サービスに係る装置の手配・保守が困難と判断した場合
    2. 以前に弊社との契約上の義務の履行を怠ったことがある等、申込者が弊社との契約上の義務の履行を怠るおそれがある場合
    3. 申込書の内容に虚偽記載があった場合
    4. 申込者が日本国内に在住していない場合
    5. 申込者が弊社の社会的信用を失墜させる態様で本サービスを利用するおそれがある場合
    6. 申込者が暴力団関係者その他反社会的団体に属する者と認められる場合
    7. 申込者が違法なコンテンツ、アダルトコンテンツを公開すると認められる場合
    8. その他、弊社が申込みを承諾することを相当でないと認める場合
  2. 前項の規定により本サービスの申込みを拒絶した場合は、速やかに申込者へ通知するものとします。なお、弊社は、申込を拒絶した理由を開示する義務を負わないものとします。

第7条【契約事項の変更の届出】

契約者は、会社名、住所、担当者等に変更があったときは、変更が生じたときから、できる限り速やかに弊社の定める方法によりその旨を通知する義務があります。

第8条【契約内容の変更】

  1. 契約者が利用契約の種類及び内容等を変更しようとするときは、弊社の定める方法により、弊社に対し変更を申し出るものとします。また弊社による当該申し出を承諾の通知を発信した時に、変更の効力が生じるものとし、第6条のいずれかに該当する場合には、弊社は変更を承諾しない場合があります。
  2. 当月末日までに、承諾した変更申請に対し翌月1日の利用開始とし、弊社は変更を行ったことにより、契約者がすでに支払った分の差額利用料金を返済する義務はないものとします。

第9条【料金】

  1. 本サービスの利用料金額は、別に定めるとおりとします。
  2. 利用者が弊社に支払うべき金員は、利用料金の他、当該料金支払に対して課される消費税相当額を加算した額とします
  3. 物価又は弊社の施設に係る維持管理運営費の変動により、弊社が本サービスの利用料金額を不相当と認めるに至った時は、契約期間内でも、利用料金額を変更することができるものとします。

第10条【支払期限】

毎月1日を料金算定基準日とし、利用者は当該月の料金を前月の末日までに支払うものとします。但し、初回は利用契約申込日より5営業日以内に、指定の銀行口座へ銀行振込にて支払うものとします。

第11条【支払方法】

  1. 支払方法は下記の2つを定めます。但し、特別な理由により弊社が指定した場合には、その指定に従うものとします。
    1. クレジットカード決済
      弊社が承認したクレジットカード会社の発行する利用者保有のクレジットカードにより、当該クレジットカード会社の定めに基づく引落
    2. 口座振替
      利用者指定の郵便局・銀行等の口座から、料金算定基準月の金融機関指定期日に自動引落(振替手数料は弊社の負担とします。)
  2. 第10条の支払期限を過ぎてもお支払の確認ができなかった場合、弊社の指定する方法により料金を支払うものとします。但し、料金算定基準月迄に通達のない場合、又は通達があってもお支払のない場合はサービスを一時停止させていただきます。

第12条【最低利用期間】

最低利用期間は原則として提供プランに従うものとし、キャンペーン等により別途最低利用期間が定められている場合は、キャンペーン等で定められた最低利用期間に従うものとします。この期間内に本サービスの利用を解除・解約等により終了する場合は、利用者は手数料として最低利用期間に足りない分の利用料金を支払うこととします。

第13条【損害賠償】

利用者又はその代理人、使用人その他利用者の関係者が本約款に違反する行為を行い、弊社に損害を与えた場合、利用者は、弊社に対し、その損害を賠償しなければなりません。ハードディスクの破損等により利用者のデータが破損した場合やトラブルによるサービスの中断によって発生した損害について弊社は責任を負わないものとします。

第14条【通信の秘密の保護】

  1. 弊社は、本サービスの提供に伴い入手される個人情報を、本サービスの円滑な提供を確保するために必要な範囲でのみ使用又は保存します。
  2. 弊社は、警察官、検察官、検察事務官、国税職員、麻薬取締官、弁護士会、裁判所等の法律上照会権限を有する者から、利用者の本サービス利用に伴う通信に関する情報その他の個人情報の得るためにサーバ設備の提供等を求められた場合には、これに応じるものとします。

第15条【禁止事項】

利用者は、次の各号に該当する行為を行ってはなりません。

  1. 法律に反する行為、および法的判断が困難な行為
  2. 詐欺等の犯罪に結びつく、又は結びつくおそれのある行為
  3. わいせつ、児童ポルノ又は児童虐待に当たる画像、文書等を送信又は掲載する行為
  4. 弊社のネットワークやインターネット網、それらに接続されたサーバ設備などに不正にアクセスする行為
  5. 他の利用者や第三者に著しく迷惑をかけ、また社会的に許されないような行為
  6. 法令に違反する行為
  7. その他、弊社が本サービスの利用者として相応しくないと判断する行為

第16条【サービス提供の中止】

  1. 弊社は、次に掲げる事由があるときは、本サービスの提供を中止することがあります。
    1. 弊社の電気通信設備の保守又は工事等のためやむを得ない場合
    2. 電気通信事業法第8条の規定に基づき、天災その他の非常事態が発生し、若しくはその恐れがあるため、公共の利益のため緊急を要する通信を優先させる必要がある場合
    3. 第1種電気通信事業者等が、電気通信サービスを中止した場合
  2. 弊社は、本サービスを中止するときには、利用者に対して事前に、その旨ならびに理由及び期間を通知します。ただし、緊急を要する場合はこの限りではありません。
  3. 弊社は、第1項に基づき本サービスの提供を中止した場合に利用者が被った損害について賠償の責任を負いません。

第17条【サービス提供の一時停止】

  1. 弊社は、次に掲げる事由に該当する場合には、当該利用者に対する本サービスの提供を一時停止することがあります。
    1. 利用者が料金の支払いを遅滞した場合
    2. 弊社の電気通信設備に支障を及ぼし、又はその恐れがある等弊社の業務の遂行に支障が生じると弊社が認めた場合
    3. CGIなどの利用により、著しい負荷や障害をシステムに与える、または著しく帯域を消費することにより、正常なサービスを行えないと弊社が判断した場合
    4. 利用者が申込に当たって虚偽の事項を記載したことが判明した場合
    5. 利用者が本約款に反する行為を行なった場合
    6. 第三者等によりサービス不能になるほどのアクセスや攻撃【DoS攻撃】クラッキングなどによりサービスの継続が困難と弊社が判断した場合
  2. 弊社は、本サービスを停止するときには、利用者に対して事前に、その旨ならびに理由及び期間を通知します。ただし、緊急を要する場合はこの限りではありません。

第18条【サービスの種別の変更】

弊社は、利用者の本サービスの利用状況に応じ、ご利用になっているサービスプランの変更を要請することがあります。利用者は、弊社の同要請を正当な理由なく拒絶することはできないものとします

第19条【サービスの廃止】

  1. 弊社は、都合により利用契約に基づくサービスの全部または特定品目の提供を廃止することがあります。
  2. 弊社は、前項の規定によりサービスの廃止をするときは、契約者に対し廃止の3ヶ月前までに弊社の提供する手段によりその旨を通知します。
  3. 第1項のサービス廃止があったとき、弊社は契約者に対し当該サービスに代えて他の種類のサービスを提供することがあります。

第20条【契約者へ利用契約の強制解約】

弊社は、次に掲げる事由に該当する場合には、利用者に対し何らの通知・催告をすることなく直ちに利用契約を解除することができます。

  1. 利用契約に基づくサービスの料金を支払期限が経過してもなお支払わない場合
  2. 国内外の諸法令または公序良俗に反する様態においてサービスを利用した場合
  3. 風俗、アダルトに関する情報、未成年者や青少年の利用を制限する情報を流したとき、またはそれに類するかあるいは弊社が不適当と判断した情報を流した場合
  4. 弊社、他の契約者または第三者の著作権、財産、プライバシーを侵害する場合
  5. 弊社、他の契約者または第三者を誹謗中傷する情報を流した場合
  6. 利用契約の申込書に虚偽の事項を記載したことが判明した場合
  7. その他弊社が契約者として不適当と判断した場合

第21条【契約者からの利用契約の解約】

契約者は弊社に対し、弊社の定める方法により利用契約を解約することができます。当月末日までに、承諾した解約申請に対し翌月末日での解約とし、弊社は解約を行ったことにより、契約者がすでに支払った分の差額利用料金を返済する義務はないものとします。

第22条【契約期間の更新】

利用契約の契約期間は、契約締結日からサービスで定められた最低利用期間を経過した月の末日までとします。但し、契約終了日の前月末日までに、弊社の定める方法により利用契約を解約しない限り、利用契約は自動的に更新されるものとします。

第23条【損害賠償の制限】

  1. 弊社の責に帰すべき事由により、利用者が本サービスを全く利用できない状態に陥った場合、弊社は、弊社が当該利用者における利用不能を知った時刻から起算して24時間以上その状態が継続した場合に限り、1カ月の基本料金の30分の1に利用不能の日数を乗じた額(円未満切り捨て)を限度として、利用者の請求により利用者に現実に発生した損害の賠償に応じます。
  2. 第1種電気通信事業者又はその他の電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して利用者が利用不能となった場合、利用不能となった利用者全員に対する損害賠償総額は、弊社がかかる電気通信役務に関し当該第一種電気通信事業者又はその他の電気通信事業者から受領する損害賠償額を限度とし、弊社は前項に準じて契約者の損害賠償の請求に応じるものとします。

第24条【免責】

  1. 弊社は、この約款で特に定める場合を除き、利用者が本サービスの利用に関して被った損害については、債務不履行責任、不法行為責任その他の法律上の責任を問わず賠償の責任を負わないものとします。
  2. 利用者が本サービスを利用するにおいて発生した第三者との紛争に関しては、利用者が自らその責任において解決するものとし、弊社は一切責任を負いません。
  3. ハードディスクの損傷などによるデータの損失について弊社は一切の責任を負わないものとし、部品交換、コンテンツの復旧などによるサービス停止に関しての損害賠償には応じないものとします。
  4. 第三者等によるサービス利用不能にさせるような妨害行為があった場合(DoS攻撃等)に関しては、この対処の為にサービスを停止する場合があり、その停止に関しての損害賠償について弊社は一切応じないものとします。

第25条【アカウントの管理】

利用者は本サービスの利用に関して弊社が発行したパスワード及び、自分で再設定したパスワードを責任を持って管理しなければならない。また第三者に推測されないよう管理し、設定しなければなりません。

第26条【契約終了時の措置】

利用契約が終了した場合、弊社は、終了後直ちに経過した時点で弊社管理下のサーバ内に記録されている当該利用者に関わる一切のデータ(顧客登録情報を除く)を削除します。

第27条【準拠法】

本約款(本約款に基づく利用契約も含む。以下同じ)に関する準拠法は、日本法とします。

第28条【管轄裁判所】

本契約に関する紛争につき、弊社および契約者は、弊社の本店所在地における地方裁判所を第一審の専属的管轄権を有する裁判所とすることに合意します。

第29条【本規約に定めのない事項】

本規約に定めのない事項については、弊社と契約者は、誠意をもって協議し、解決するように努力するものとします。

第30条【発効期日】

本約款の内容は、平成20年6月2日以降に申し込まれるすべての利用契約に適用されます。

【附 則】本約款は、平成20年6月2日より適用されます。
【附 則】本約款は、平成21年4月6日に改訂しました。
【附 則】本約款は、平成24年6月27日に改訂しました。