利用規約

第1条(総則)

本規約は株式会社ロジックリンク(以下「弊社」という)が提供するセールスパートナー(以下「本サービス」という)の実施するセールスパートナー登録への参加方法や弊社とセールスパートナーの間において締結する本サービスの内容等について定めると同時に、本サービスを利用する際の一切に適用するものとします。 セールスパートナーはセールスパートナーとして承認された時点で本規約の内容を承諾しているものとみなします。

第2条(定義)

第1項

「本サービス」とは、セールスパートナーの媒介によって新たにレンタルサーバー利用契約が成立した場合において、その媒介の対価として弊社がセールスパートナーに報酬を支払うことを目的として、その新たなレンタルサーバー利用契約ごとに弊社とセールスパートナーとの間において締結する契約のことをいいます。

第2項

「セールスパートナー」とは、弊社に「セールスパートナー」への参加を申し込み、弊社がこれを承認した個人または団体のことをいいます。

第3項

「紹介」とは、このセールスパートナー登録約款においてセールスパートナー登録契約の成立要件として定めるレンタルサーバー利用契約申込の媒介のことをいいます。また、利用者にはアスカレンタルサーバー利用規約を遵守していただく必要があります。

第4項

「報酬」とは、セールスパートナーの媒介によって新たにレンタルサーバー利用契約が成立した場合において、その新たなレンタルサーバー利用契約ごとに、セールスパートナー契約にもとづいて、その媒介の対価として弊社がセールスパートナー様にお支払いする報酬のことをいいます。

第3条(セールスパートナーの不承認及び承認の取消について)

第1項

弊社は、弊社独自の判断により、本サービスを構成する媒体として相応しくないセールスパートナーに対し、本サービスの提供及び報酬の支払いを拒否することができるものとします。

また、事前の通知なくして、セールスパートナーとしての登録を取り消すことができるものとします。相応しくないという判断は、弊社が、弊社の基準に基づき独自に判断できるものとし、セールスパートナーは弊社のかかる判断に一切の異議を申し立てないものとします。

第2項

弊社は審査の結果、セールスパートナー申込をした者が以下の何れかの項目に該当することがわかった場合、その者のセールスパートナーを承認しないことがあります。

  1. セールスパートナー申込をした者が実在しない場合。
  2. セールスパートナー申込をした時点で規約違反等によりセールスパートナーの資格停止処分中であり又は過去に規約違反等で弊社の除名処分を受けたことがある場合。
  3. セールスパートナー申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、又は記入漏れがあった場合。
  4. その者が個人で、20歳未満の未成年である場合。
  5. セールスパートナーが紹介の連絡に際して弊社に対し虚偽の事実を申告した場合。
  6. セールスパートナーが紹介の連絡の際に未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人であって、自ら単独で有効かつ確定的に利用している場合。
  7. 契約を締結する能力を欠き、法定代理人またはその他の同意権者の同意または追認がない場合。
  8. 前各号において定める場合のほか、弊社が業務を行なう上で支障がある、または支障の生じる恐れがある場合。
  9. その他弊社がセールスパートナーとすることを不適当と判断した場合。

第3項

弊社は承認しなかった理由についてセールスパートナー申込をした者へその理由を明らかにしないことがあります。また、弊社は承認後であっても承認したセールスパートナーが前項の何れかに該当することが判明した場合、承認を取り消すことがあります。

第4条(セールスパートナー契約の保証)

第1項

弊社は、本サービスにつき、その利用、その利用に基づく結果に対していかなる保証も行うものではないものとします。

  • 本サービスの機能がウイルスその他有害な内容を含まないこと。
  • セキュリティーが有効であること等について、明示黙示を問わず、保証するものではないこと。

第2項

弊社は、以下に定める事項が生じた場合、その自己の裁量により、セールスパートナーに事前の通知を行うことなくして、本サービスの一部又は全部を完全に中断、あるいは停止することができるものとし、この場合において弊社は、セールスパートナーが被る一切の不利益、損害について、いかなる理由に基づくものであっても一切責任を負わないものとします。

  1. システムの保守を定期的に又は緊急に行う場合。
  2. 火災、停電等によりサービスの提供ができなくなった場合。
  3. 地震、噴火、洪水、津波等の天災によりサービスの提供ができなくなった場合。
  4. 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等によりサービスの提供ができなくなった場合。
  5. その他、弊社がサービスの一時的な中断を必要と判断した場合。

第3項

弊社は、前項各号の場合以外の事由により弊社提供サービスの遅延又は中断等が発生したとしても、これに起因するセールスパートナー又は他の第三者が被った損害について一切の責任をも負わないものとします。

第5条(報酬について)

第1項

弊社は、セールスパートナーの紹介によって新たなレンタルサーバー利用契約が成立した場合、セールスパートナーに対して報酬を支払います。ただし、そのレンタルサーバー利用契約が終了したときはこれを支払いません。

第2項

セールスパートナー自身によるレンタルサーバー利用契約も報酬の対象とします。

第3項

NSOシリーズは報酬対象外とし、ARSシリーズに対する報酬の金額については、弊社が別途定めるものとします。

第4項

報酬は毎月月末までの申込または継続分を月末締めとし、翌月10日までにアスカセールスパートナー管理画面からご請求が可能です。ご請求がありますと、翌々月25日にセールスパートナーさまの指定口座に振込させていただきます。但し、25日が弊社休業日の場合は、次の弊社営業日に振込いたします。

第5項

報酬のお支払いは、報酬額が111円以上になった時点で請求可能となります。

第6項

利用者がアスカレンタルサーバーの会員でなくなった場合、その利用者分の報酬は支払わないものとします。

第6条(紹介者のサービスプラン変更)

報酬は、そのセールスパートナー契約におけるセールスパートナーの媒介にかかるレンタルサーバー利用契約の成立の時点においてその利用者が利用するサービスプランにもとづいてこれを支払います。 但し、レンタルサーバー利用契約の成立した日の翌月末までにその利用者がその利用するサービスプランの種類を変更したときは、その変更後のサービスプランの種類にもとづいて報酬を支払うものとします。

第7条(料金の金額が改定された場合等)

料金の金額について改定が行なわれた場合には、弊社は、第5条にもとづいて定めた報酬の金額を変更することができるものとします。弊社は、新たなサービスプランを設ける場合には、そのサービスプランについてセールスパートナーに支払う報酬の金額をあわせて定めるものとします。

第8条(利用者設備・費用負担)

セールスパートナーが使用するコンピュータシステム、ソフトウェアおよび通信機器等の設置に関する費用、または紹介および紹介の連絡を行なうための費用等については、セールスパートナーが負担するものとします。

第9条(変更の届出)

セールスパートナーは、住所、支払い先の変更、その他弊社への届出内容に変更があった場合には、速やかに弊社に変更の届出をするものとします。前項届出がなかったことでセールスパートナーが不利益を被ったとしても、弊社はその責任を一切負わないものとします。

第10条(譲渡禁止)

セールスパートナーは認められた場合を除きセールスパートナーとして有する権利を無断で第三者に譲渡もしくは使用させる、売買、質権の設定その他の担保に供する等の行為はできないものとします。

第11条(契約の解除)

セールスパートナーは、本契約を解除しようとするときは当社の定める方法により、当社に対して申し出なければならないものとします。また、定められた方法で解除の申し出があった場合、その日付をもって契約が解除されるものとします。

第12条(情報の管理)

弊社は、本サービスにより業務上知り得た事実を第三者にもらさないこととします。ただし、令状を持つ官公庁の職員に対してはこの限りではないものとします。

第13条(本規約の発行)

本規約は、弊社が、契約者に対してセールスパートナーとしての承認を行った時点より効力を生じます。

第14条(専属的合意管轄裁判所)

本規約に基づき紛争が生じた場合、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所として解決を図るものとします。

以上。

補足:支払条件等につきましてはホームページを御確認ください。
附則:本規約は2009年8月3日から実施されます。
2010年8月26日変更。