レンタルサーバーはアスカ 設定マニュアル

ユーザーマニュアル

このマニュアルの内容はすべて
アスカレンタルサーバーでの設定となります

外部アプリケーション(CMSツール)

EC-CUBE

EC-CUBEは、無料でダウンロードができるECサイト構築ツールです。
※こちらはEC-CUBE Version 2.12.1の設定例となります。

【※ご注意※】
EC-CUBE Version3系はご利用いただけません。

EC-CUBEインストール方法

手順1EC-CUBEのサイトからファイルをダウンロードします。(ダウンロードには無料の会員登録を行う必要がございます。)

EC-CUBEメンバーに会員登録(無料)が必要となります。

▼EC-CUBEダウンロード
http://www.ec-cube.net/download/index.php

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍します。

※Windows XP以降の場合、
ファイルの上で右クリックし「すべて展開」を選択してください。 ウィザードに従って展開してください。

※Windows Meおよび2000以前の場合
お勧めの解凍ソフトはLhasa32(Windows)です。下記からダウンロードしてお試し下さい。
Lhasa32(Windows)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se026842.html

【※注意※】
EC-CUBEは共用SSLに対応しておりません。
別途独自SSLのお申し込みをご検討下さい。
▼独自SSLについて
独自SSL(有料オプション)

手順2FTPソフトで解凍したフォルダ内の「html」と「data」のみをアップロードします。

【→FTPソフトのマニュアル一覧

【※ご注意※】
「test」ディレクトリをアップロードすると、クローラーのアクセスによりダミー商品、ダミー会員データが大量に作成される恐れがございます。セキュリティ面でも非常に危険ですので、アップロードを決して行わないようお願いいたします。

ショップディレクトリの名前を決めます。アップロードした「html」のディレクトリ名を「shop」などお好きな名前に変更します。ここで決めた名前がお店のURLとなります。

■例)ドメイン名が「asuka.jp」で、ディレクトリ名を「shop」に変更した場合、お店のURLは「http://asuka.jp/shop/」(http://お客様のドメイン名/ショップディレクトリ/)となります。

「http://asuka.jp/」をショップのURLにしたい場合は下記をご覧ください。
【→EC-CUBEをドメイン直下にインストールされたい場合は…

手順3WEBブラウザから前のステップで決めたお店のURL「http://お客様のドメイン名/ショップディレクトリ/install/」にアクセスしてください。
すると、下記の画面になりますので、「次へ進む」をクリックしてください。

▲【キャプチャ画像01】

手順4「次へ進む」をクリックしてください。

▲【キャプチャ画像02】

手順5ECサイトの設定と管理機能の設定を行います。下記のように入力して「次へ進む」をクリックしてください。

▲【キャプチャ画像03】

【ECサイトの設定】
(1)店名 運営されるお店の名前を入力してください。
(2)メールアドレス 受注メールなどのあて先になります。
例)info@asuka-****.com
(3)ログインID 任意のIDを入力してください。
(4)パスワード 任意のパスワードを入力してください。
【管理機能の設定】
(5)ディレクトリ 管理画面のディレクトリになります。任意で設定が可能ですが、「admin」のままでもOKです。
その場合、管理画面へのURLが「http://ドメイン名/ショップディレクトリ/admin/」となります。
(6)SSL制限 チェックを外したままでOK。
(7)IP制限 空のままでOKです。
【WEBサーバーの設定】
(8)URLの設定等 そのままでOKです。

手順6データベースの設定です。下記のように入力し、「次へ進む」をクリックしてください。

▲【キャプチャ画像04】

(1)DBの種類 「My SQL」を選択してください。
(2)DBサーバ 「sql.asuka-server.com」を入力してください。
(3)DB名 コントロールパネルID
(4)DBユーザ コントロールパネルID
(5)DBパスワード 初期設定では、「コントロールパネルパスワード」。
(設定場所は「コントロールパネル」の「phpMyAdmin」 > 「パスワード」)

【※注意※】
データベース設定で、一度入力を間違えた場合、再度正しい内容を入力して次へ進んでも画面が真っ白になる、など不具合が起こる場合がございます。その際には再度サーバー内のディレクトリを削除し、ステップ2から進めてください。

手順7 「データベースの初期化処理を行わない」のチェックを外したまま、「次へ進む」をクリックしてください。

▲【キャプチャ画像05】


手順8「次へ進む」をクリックしてください。

▲【キャプチャ画像06】

手順9そのまま「次へ進む」をクリックしてください。

▲【キャプチャ画像07】

手順10インストールが完了しました。「管理画面へログインする」をクリックしてください。

▲【キャプチャ画像07】

手順11ログイン画面に移ります。ステップ5で設定したIDとパスワードを入力し「LOGIN」ボタンをクリックすると、管理画面が開きます。

▲【キャプチャ画像08】

【※注意※】
ここで、管理画面の上部注意書きにありますように「install」ディレクトリ内の「index.php」を削除してください。

EC-CUBE管理画面

手順11EC-CUBEのインストールは以上になります。
引き続き、EC-CUBEの参考書やサイトを参考にEC-CUBEのECサイト構築をお楽しみください。

【→EC CUBEマニュアルサイト

▲【キャプチャ画像09】

[↑ページのトップへ]

管理画面「売上集計」で文字が表示されない場合は…

※管理画面のメニュー「売上集計」グラフの箇所で、文字が表示されない場合、以下の手順に従ってフォントファイルの変更をしてください。

手順1フリーフォントをダウンロードしてください。

お好きなフォントをダウンロードしてお使いください。
フリーフォントの一例-さざなみフォント

ダウンロードしたフォントを解凍し、「data/fonts/」の場所にアップロードしてください。

手順2サーバー上のファイル「data/class/graph/SC_GraphBase.php」をダウンロードし、テキストエディタなどで以下の部分の書き換えを行ってください。

例えば、さざなみフォント「sazanami-mincho.ttf」を使用する場合、
25行目
define("FONT_PATH", DATA_PATH . "fonts/wlmaru20044.ttf");

define("FONT_PATH", DATA_PATH . "fonts/sazanami-mincho.ttf");

再びこのファイルをアップロードし、ブラウザ画面を更新すると文字が表示されます。

[↑ページのトップへ]

EC-CUBEをドメイン直下にインストールされたい場合は…

通常、EC-CUBEをそのままインストールされますとアクセスされるURLは「http://asuka.jp/html/」や「http://asuka.jp/shop/」となります。 以下の手順に従ってインストールを行っていただくことで「http://asuka.jp/」とすることが可能となります。

手順1通常のインストール方法と同様にEC-CUBEのファイルをダウンロードし解凍します。 解凍したフォルダ内の「data」フォルダごと「html」フォルダに移動します。 ※「data」フォルダの中身ではなくフォルダごと移動してください。

手順2「html」フォルダ内の「define.php」の修正を行います。 テキストエディタなどで以下の部分の書き換えを行ってください。

【変更前】define('HTML2DATA_DIR', '../data/');

【変更後】define('HTML2DATA_DIR', 'data/');

手順3FTPソフトで「html」フォルダ以下すべてをアップロードします。 ※「html」フォルダごとアップロードするのではなく中身のみをアップロードしてください。

手順4「http://お客様のドメイン名/install/」にアクセスしインストールを行ってください。

[↑ページのトップへ]

このページのトップへ戻る