レンタルサーバーはアスカ 設定マニュアル

ユーザーマニュアル

このマニュアルの内容はすべて
アスカレンタルサーバーでの設定となります

コントロールパネル

アプリケーション サイト内検索機能

サイト内検索のためのインデックス構築

サイト内検索機能とは

「サイト内検索機能」はユーザー様が作成されたWEB領域内のファイルを検索できる機能を、簡単に設定・管理できる日本語全文検索システム(Namazu)のことです。

サイト内検索のインデックス構築

手順1コントロールパネルのトップより[サイト内検索機能]をクリックします。

手順2サイト内検索機能を設定するドメインを選択し(1)、[選択]をクリックします(2)。

▲【キャプチャ画像01】

手順3[インデックス再構築]をクリックし、現在WEB領域内にあるファイルのインデックスを作成します。
※初めてインデックスの再構築を行う場合、WEB領域内のファイル数が多いと再構築に時間がかかります。

手順4インデックスの再構築が終了すると、「最終更新日時」が更新されています。
検索用URLにアクセスし、検索用ページを確認してください。

▲【キャプチャ画像02】

インデックス設定

サイト内検索のインデックスファイル再構築前にインデックス作成に関する設定を行うことができます。

インデックス除外ディレクトリの設定

サイト内検索から検索されたくないディレクトリ(フォルダ)の選択し再構築を行うことができます。

上位にあるディレクトリを選択した場合、その領域以下のディレクトリも検索の対象外として再構築されます。

例)「content」ディレクトリ内に「shop」「news」ディレクトリがあり「content」を除外した場合、「shop」「news」も除外されます。

content を除外
   ├shop(/content/shop/) 自動的に検索から除外
   └news(/content/news/) 自動的に検索から除外

インデックスの自動更新

サイト内検索のためのインデックスファイルの更新を、毎日1回深夜に自動で行うための設定です。
自動更新をする場合は、[自動インデックスを有効にする]にチェックを入れてください。

▲【キャプチャ画像03】

▲【キャプチャ画像04】

[↑ページのトップへ]

サイト内検索ページのデザイン変更

サイト内検索ページのデザイン変更

▲【キャプチャ画像05】

サイト内検索のページデザインをヘッダ部、ボディ部、フッター部で個別に変更することが可能です。

手順1コントロールパネルのトップより[サイト内検索機能]をクリックします。

手順2サイト内検索機能を設定するドメインを選択し、[選択]をクリックします。

手順3ページ設定項目の各ページ部のデザインの編集が終わりましたら、[設定]をクリックします。

(1)ページヘッダー 検索キーワードを入力するフォームや、表示件数、表示形式などのプルダウンメニューを構成するヘッダー部のデザインです。
(2)ページボディ 初期状態では検索の仕方についての説明が記述されています。
(3)ページフッター 管理者メールアドレスや全文検索システムNamazuのバージョン情報などが記載されているページです。

▲【キャプチャ画像06】

※各ページ部のデザインを初期状態に戻す場合、各編集フォーム下の[▼ヘッダー初期デザイン]、[▼ボディ初期デザイン]、[▼フッター初期デザイン]をクリックしましたら、初期状態の記述内容が表示されますので、コピーして編集フォームに貼り付けてください。(【キャプチャ画像07】)

▲【キャプチャ画像07】

手順4サイト内検索ページのデザイン変更を反映させるため、インデックスファイルの削除および再構築が必要ですので、[サイト内検索機能設定]に戻り、
[インデックス削除] → [インデックス再構築]と順に行います。

手順5設定は以上です。サイト内検索のページデザインが変更されているか確認を行ってください。

[↑ページのトップへ]

このマニュアルで解決できない場合は、06-6251-8787までお電話ください。 メールでのお問合せはこちらから

このページのトップへ戻る