レンタルサーバーはアスカ 設定マニュアル

ユーザーマニュアル

このマニュアルの内容はすべて
アスカレンタルサーバーでの設定となります

コントロールパネル

アプリケーション ファイルマネージャ

ファイルマネージャの特長

ファイルマネージャはホームページ作成ソフトやFTPクライアントソフトを使わず、コントロールパネル上(WEB上)にて、ファイルのアップロード作業やパーミッションの変更、会員制ディレクトリの設定などを行うことができる総合ファイル管理ツールです。

[↑ページのトップへ]

ファイルマネージャの起動

ドメインを選択し、[起動]をクリックします。

ファイルマネージャのトップ画面が表示されます。

ファイルマネージャ起動時にサーバーに接続されるディレクトリは、弊社指定のホームページデータのアップロード先である[/htdocs_ご利用ドメイン名/]となっており、ここで作成、アップロードされたデータはブラウザでアクセスすることができます。

▲【キャプチャ画像01】

[↑ページのトップへ]

ファイルマネージャの画面構成について


(1)「ファイル操作コマンド」(上部メニュー) ファイルマネージャで操作できるメニュー
(2)「ディレクトリ一覧」(左上部メニュー) [/htdocs_ご利用ドメイン名/]ディレクトリ以下が階層表示されます。
(3)「システムディレクトリ」(左下部メニュー) エラーページやテンプレートページの編集メニュー
(4)「ファイル一覧」(中央部) 指定したディレクトリ内のファイル情報が表示されます。

▲【キャプチャ画像02】

[↑ページのトップへ]

ファイル一覧の説明

(1)ファイル名 設置されているファイルやフォルダ名
(2)サイズ ファイルやフォルダのデータサイズ
(3)変更日 ファイルの内容を更新した日時
(4)パーミッション ファイルへのアクセス権限の設定
(5)編集 ファイルの内容(ソース)を編集します。
(6)名前変更 ファイルやフォルダの名前を変更します。
(7)ダウンロード ご利用のパソコンにダウンロードします。

▲【キャプチャ画像03】

・[.(ドット)]というフォルダは現在のディレクトリ自体を示しています。
[..(ドット2つ)]というフォルダは1つ上のディレクトリへ移動します。

・サービス開通時、初期のトップページファイルとして[index.htm]ファイルが設置されております。
ブラウザでドメインにアクセスした際、表示されるディレクトリインデックスとして表示可能なファイルは優先順位の順に以下となっております。

1.[index.php4]
2.[index.php]
3.[index.phtml]
4.[index.php5]
5.[index.cgi]
6.[index.shtml]
7.[index.html]
8.[index.htm]

・各項目にはソート機能(並びかえ)があります。

(1)ファイル名 アルファベット順
(2)サイズ サイズの大小
(3)変更日 日付の新旧順
(4)パーミッション 数値の大小

[↑ページのトップへ]

ファイルの編集

ファイルマネージャの画面から、直接ファイルの内容を編集することができます。

また編集するファイルの文字のエンコードを[無変換]、[Shift_JIS]、[EUC-JP]、[ISO-2022-JP(JIS)]から選択することができます。

ファイル一覧から、編集したいファイルの[編集]をクリックします。
以下ような編集画面が表示されますので、ファイルを編集します。


編集内容に問題がなければ、[保存して編集を続ける]もしくは[保存して終了]をクリックします。
編集した内容を元に戻すには[クリア]をクリックします。
[変更を破棄して終了]をクリックすると、変更した内容を保存せず終了します。

▲【キャプチャ画像04】

[↑ページのトップへ]

ファイル名の変更

ファイルやフォルダ名を変更します。

ひらがなやカタカナ、漢字に変更することはできますが、実際のサーバー上では不正なファイル名として扱われ認識ができないので、半角英数字(.(ドット)-(ハイフン)_(アンダーバー)は使用可)の名前を設定してください。

▲【キャプチャ画像05】

新しい名前を入力後[名前変更実行]をクリックすれば変更終了です。

[↑ページのトップへ]

ファイルのダウンロード

ディレクトリ内に設置されてあるファイルをご自身のパソコンへダウンロードします。

対象ファイルの[ダウンロード]をクリックすると、ポップアップが表示されますので、[保存]をクリックすればダウンロードが開始されます。

[↑ページのトップへ]

ファイル・ディレクトリの削除

チェックしたファイル、またはディレクトリを削除します。ディレクトリを削除する場合は、そのディレクトリ以下にあるファイルなども削除されます。

設置されているファイルやディレクトリを削除するには、(1)対象ファイル名の左にあるチェックボックスにチェックを付け、(2)[ファイル操作コマンド]一覧にある[削除]をクリックします。

▲【キャプチャ画像06】

※ファイル一覧のメニュー項目内にあるチェックボックスにチェックを付けると、全てのファイル、ディレクトリを選択することができます。

確認画面が表示されますので、間違いがなければ[削除実行]をクリックします。

▲【キャプチャ画像07】

[↑ページのトップへ]

エラーページの編集

エラーページの編集はここからできます。
※/error_<DomainName>/以下のファイルを直接編集することでも変更可能です。
編集することができるタイプは4種類で、それぞれ、401エラー403エラー404エラー500エラーとなります。

▲【キャプチャ画像08】

[↑ページのトップへ]

このマニュアルで解決できない場合は、06-6251-8787までお電話ください。 メールでのお問合せはこちらから

このページのトップへ戻る