他社サーバーからアスカレンタルサーバーへの乗り換えご案内

現在運用中のサイトがストップすることはない?

現在使用しているメールアドレスがそのまま使える?

レンタルサーバーのお引越しを検討中の方にとって不安になるのは上記2点かと思います。

上記の問題を解決し、スムーズに他社サーバーからアスカレンタルサーバーへ移行するには他社サーバーの契約はすぐにご解約されずに、アスカレンタルサーバーとの同時併用期間を設けて頂く必要がございます。

他社レンタルサーバーの状態とアスカレンタルサーバーの状態を同じ状態にすることによってネームサーバー情報の変更直後においても、他社レンタルサーバーとアスカレンタルサーバーのどちらのアクセスにも対応が可能となり、どちらのメールサーバーからもメールを受信することが可能となります。

具体的な手順に関しましては以下をご参照下さい。

1.設定内容情報が届きます

弊社サービスお申し込み完了後、銀行振込みまたはクレジット決済にて初回料金確認後サーバー設定作業を開始いたします。 サーバー設定完了後、弊社からお送りさせて頂く開通通知メールに、アスカレンタルサーバーにホームページデータをアップロードするためのFTP情報や、メールアドレスを作成するための 専用管理画面(以後コントロールパネル)の『設定内容情報』が記載されています。

2.ホームページをアスカのサーバーにアップロードします。

アスカレンタルサーバーにホームページデータをアップロードを行います。

通常、アスカレンタルサーバーにホームページをアップロードするためFTPクライアントソフトの 「FTPの接続先(FTPホスト)」に入力する内容は、『www.ドメイン名』ですが、 現時点ではご利用中のドメインのネームサーバー情報が他社ネームサーバー情報(現在ご利用中のサーバー) になっているため、FTPの接続先を以下のようにする必要があります。

FTPの接続先
(FTPホスト)
ご利用のサーバー名
(例:s○○○.asuka.jp)
【FFFTPでの設定例】
ホスト名(アドレス) s○○○.asuka.jp
ユーザ名 初期FTPアカウント
パスワード 初期FTPパスワード
【ホームページビルダーでの設定例】
プロバイダの選択 その他
FTPサーバー名 s○○○.asuka.jp
FTPアカウント名 初期FTPアカウント
FTPパスワード 初期FTPパスワード
転送先フォルダ /

アップロードが完了しましたら、確認用URL(共用SSL)でアスカレンタルサーバーに正常にホームページデータが表示されているか確認をします。

3.コントロールパネルでメールアドレスを作成

コントロールパネルで現在使っているのと同じメールアドレスを作成します。

例:現在利用中のメールアドレスが下記のような場合・・・

  • info@○○○.com
  • shop@○○○.com
  • asuka@○○○.com

同じメールアドレスをコントロールパネルで追加作成します。

  • info@○○○.com 作成
  • shop@○○○.com 作成
  • asuka@○○○.com 作成

4.メールソフトの設定を新規に追加作成

次にメールアドレスをメールソフトに新規追加設定を行います。

ご利用のOutlookExpressなどのメールクライアントソフトにコントロールパネルで作成したメールアドレスを新規で追加設定します。

また、その際に設定する「受信メール(POP3)」、「送信メール(SMTP)」は「mail.ドメイン名」ではなく、弊社のサーバー名[ s○○○.asuka.jp ]を指定することがポイントです。

【OutlookExpressの例】「info@○○○.com」の例
表示名 任意
電子メールアドレス info@○○○.com
受信メール(POP3)サーバー s○○○.asuka.jp
送信メール(SMTP)サーバー s○○○.asuka.jp
アカウント名 info@○○○.com
パスワード コントロールパネルで作成したパスワード

※詳細設定で送信メール(SMTP)のポート番号を「587」に変更して下さい。

▲受信メールサーバーと送信メールサーバーにサーバー名を入力

▲ご利用中のメールアドレスを入力

▲ポート番号を「587」に変更

旧・新サーバー両方からメールを受信できます。

上記を設定することによって、同じメールアドレスで他社メールサーバーとアスカレンタルサーバーのどちらからでもメールを受信できるようになります。

5.ネームサーバー情報の変更

ホームページをアスカレンタルサーバーにアップロードや、メールアドレスの設定が完了し、 現在ご利用の他社サーバーとアスカレンタルサーバーが同じ状態になりましたら ネームサーバーの変更を行います。

他社でドメインを取得、管理されている場合、ネームサーバー情報の変更は現在ドメインを管理されている業者様にネームサーバー情報変更のご依頼を行って頂く必要がございます。

変更方法がわからない等ございましたら、まずはドメインを取得された業者様にお問い合わせ下さい。

ネームサーバー情報を弊社指定のものに変更しますと、ドメインの不安定な期間が発生いたします。これをプロバケーション期間と言います。

▼プロバケーション期間とは

ネームサーバー情報を変更後、その情報が世界中のDNSサーバーに行き渡るのに 1日~1週間程度かかります。(海外など地域によって異なります) この間は、各DNSサーバーによってドメイン情報の更新のタイミングが異なることにより新サーバー(アスカレンタルサーバー)を指すDNSサーバーと 旧サーバーを指すDNSサーバーが混在する期間を言います。

プロバケーション期間中は新サーバー、旧サーバーのどちらからもメールが 受信できるように上記手順1~4の項目で設定した内容を残しておくことをおすすめ致します。

6.アスカレンタルサーバーで本格稼動

ネームサーバー情報変更後、約1週間程度でドメインが安定してきますので 上記2番の項目のFTPの接続先をご利用のサーバー名から『www.ドメイン名』へ 変更します。

FTPの接続先(FTPホスト) ご利用のサーバー名
(例:s○○○.asuka.jp)

FTPの接続先(FTPホスト) 設定報告書記載のFTP接続先
(例:www.ドメイン名)

同様に上記4番の項目のメール設定において、「受信メール(POP3)」、「送信メール(SMTP)」を [ s○○○.asuka.jp ]から「mail.ドメイン名」へ変更してください。

受信メール(POP3)サーバー s○○○.asuka.jp
送信メール(SMTP)サーバー s○○○.asuka.jp

受信メール(POP3)サーバー mail.ドメイン名
送信メール(SMTP)サーバー mail.ドメイン名

上記に変更して、エラー等がでなければアスカレンタルサーバーで本格稼動開始です。